【安楽病棟】

帚木蓬生『安楽病棟』読了。終末期医療に入った痴呆老人、その家族、看護師の目線で日常を淡々と語られる。最後まで読んでびっくり。『安楽』と『安楽死』。手法は違うが、両者の想いに大きな違いはないように思う。オランダの安楽死には戦慄を覚える。 #dokusyo #読書 #感想部
@usausa5
うさうさ

安楽病棟 (新潮文庫)


コメントを残す