春風でしょうか。

“@: 【詩集】倚りかからず (ちくま文庫) by 茨木 のり子先日図書館で借りた詩集の一冊。読後感は心に爽やかな風が吹き抜けたのは、なかなか鋭いところをもってついてくる詩の数々だったからか。私にとって鑑賞本というより指南書に近い感じの詩集だった。

倚りかからず


コメントを残す