【光の海】

津村節子『光の海』読了。老後を目前に控えた夫婦。実の息子や娘がいながらも、同居や世話を断られる現実。自分本位の夫、子供らの罪なき冷淡さを受け入れ諦める妻。彼女は老人ホームでの生活に夢を抱き入居を希望する。ずっしりと重いが、1人耐え続けた彼女が羽ばたくラストに救われる。 #感想部
@Ageco1213
あ げ こ

光の海


コメントを残す