【勝手にふるえてろ】

綿矢りさ「勝手にふるえてろ」読了。脳内でそのわずかな思い出に酔いしれ続ける初恋の人と、好きでもないけれど初めてモテた同僚を比べ続ける主人公。26歳にもなってイライラさせるなこの女と思って読んでいたが、もしかして自分もこうなるんじゃないかと思うと怖くて堪らなくなった。#感想部
@oonogishun
大禾 瞬

勝手にふるえてろ (文春文庫)


コメントを残す