【向日葵の咲かない夏】

独特の気持ち悪さはあるものの、一旦本を開いたら、もうページをめくる手が止められないくらい、強い吸引力を持つ小説。非常に巧妙に色んな仕掛けがされている小説でもあって、これはもうすごいと舌を巻く他ないです。思わず唸らされてしまうような作品です。道尾秀介『向日葵の咲かない夏』 #感想部
@Syota_Tachimiya
立宮翔太

向日葵の咲かない夏 (新潮文庫)


コメントを残す