【本にだって雄と雌があります】

小田雅久仁『本にだって雄と雌があります』新潮社 読了。奇想天外な面白おかしい本かと思いきや、あんな場面、こんな場面で『命』『つながり』について考えてしまう、ずっしりした中味の本でした。もう一度、内容を噛締めながら読みたい。#感想部 #読書
@keron215
けろん215

本にだって雄と雌があります


コメントを残す