【ブラック・ダリア】

な~んかふと、洋画にしようかなって。
このところ邦画ばっかりだったから。
で、タイトルで決めた。 

映画『ブラック・ダリア』

ストーリーのおおもとは、
実際に1947年にアメリカで発生した“ブラックダリア殺人事件”。

時代は1947年。
この頃のアメリカってファッションがいい。
男女ともに。

なんとも惹かれるファッションでてきますが、
死体の損傷・切断・洗浄…猟奇殺人でてきます、
ブラックダリアと呼ばれる女性でてきます、
いっぱい+いっぱいのピースが出てきます。 

で、さあパズル!
見入ってしまうストーリー、それぞれがキルトのピースワーク。

あれこれ色のピース繋いでキルトのトップデザインは完成したか否か?

ジョシュ・ハートネット…
ちょっとブラッドピットを連想させる顔立ち。

アーロン・エッカート…
ああ、『エリン・ブロコビッチ』で、
ジュリアン・ロバーツの恋人かあ。イージーライダー風の彼かあ。

スカーレット・ヨハンセン…
えっ?『ロスト・イン・トランスレーション』で
ビルマーレイと出てた人なの?
好きな映画だったのに名前も顔も覚えてなかった。実にいい加減です。

ヒラリー・スワンク…
そうそう、そうよね、『ミリオンダラー・ベイビー』の主演の人だ。

私、子供の頃、
白人はみな同じ顔に見えていた。
外国人はみんなアメリカ人な気がしてた。  
黒人はみな同じ顔に見えていた。

そうして今は、
日本の若い女性がみな同じ顔に見えてしょうがない(笑)


【今日の作品】【ブラック・ダリア】
【今日の部員】昨日:モディ★今日:脳腫瘍 ★明日:リリー


コメントを残す