月別アーカイブ: 2011年9月

フラレつちまつた、猛者どもへ。

ブルーバレンタイン』鑑賞。ゴールデングローブ賞など数々の賞にノミネートされてた作品。只の恋愛映画では無く、愛が冷めていく様子までを描いたリアルな作品。どっちかが冷めたら終わり…。切なかった~フラレた男が泣ける映画No.1(;´д`)かなり好きな映画でした。Thu Sep 29 18:14:25 via Twipple for Androidきりきり
kiliman1978

今の時間も冒険の1ページと信じています。

「地理的な冒険が消滅した現代の冒険とは、この世の誰もが経験している生きることそのものだとぼくはあ思っている。日常における少しの飛躍、小さな挑戦、新しい一歩、そのすべては冒険なのだ。」石川直樹著【最後の冒険家】より。読了。Fri Sep 30 01:20:14 via web小堤公伯
kmtkkztm

あの日からの日本人として、どんな生き方をするか。

大好きなしりあがり寿さんの「あの日からのマンガ」読了。ただ拍手。日本人のモラルの高さや団結力などは世界に類を見ないと言われる震災後。裏返しで「希望(バツ)」=希望が持てない部分にも全員体制で闇雲に希望をかぶせようとする癖が危険だなと思う。希望(バツ)を口にできる世の中が健全では?Fri Sep 30 02:03:36 via webbabamiori
arotimon

【笑う大天使(ミカエル)】

馬鹿馬鹿しくてあふぉでそれがただただ楽しかった!

感動?ありまっしぇん!
教訓?はぁあ~
涙拭く木綿のハンカチーフ?いりまっしぇん!
演出の巧みさ?見えまっしぇん!
映像の美しさ?端から期待してまっしぇん!

そう、3D*飛び出すコミック本読んだ感じ。
こういう映画もアリです。

映画をずずっと引きずり下ろして横に座らせ
一緒にポテトチップ食べる感じ。

作品の完成度に期待するんじゃなくて
ネタにして好き勝手方式で楽しむ素材としての映画。

彼女によれば、
樹里ちゃん作品の一番のオススメは『亀は意外と速く泳ぐ』だとか。

映画を挟んでの友達との会話これがもう止めどない。
“奥さま”の必携品:世間話など、入り込む余地ナシ!

9割が<映画・テレビ・アーティスト・音楽・はまってる遊び>関連。

話は時空を飛びまくりアーティスティックにクリエイティブに
方向めちゃくちゃ。

おやじギャク・ダジャレ大放出で
自称:マダム二人の底のあさーい話は延々。

完璧に歳は増えたが成長しきれないままの感覚ワールド!

熟さぬまま立ち枯れる?実は<大人>なんて、
バス代、電車代、チケット代等々のための便宜的な取り決め。

この方面のあふぉ話、止めどないバカ話のキャッチボール、
ボール落とさずやれるの、この友人しか居ない。

だから、この映画。相手選んで、この映画。


【今日の作品】【笑う大天使(ミカエル)】
【今日の部員】昨日:モディ★今日:脳腫瘍 ★明日:リリー

年をとろう~風のように軽やかに~♪

DVD鑑賞。ジャック・ニコルソン モーガン・フリーマン主演「最高の人生の見つけ方」。かなり重いテーマなのに、この爽やかな余韻はなんだろう。面白い映画とか泣ける映画とかそんなしょうもない次元ではなく、良い映画。ただただ良い映画。年をとってからもう1度見たい。Wed Sep 28 18:26:18 via Keitai WebR
_Ryotaaan_

離島暮らしでトム・ウェイツ。

ポール・オースター原作の映画「スモーク」。いい映画でした。NYの下町のタバコ屋を巡る物語。情けなくて不器用で心優しい男たちの話です。離島暮らしで一番不便を感じるのは、映画館に行けないことだけど、観逃した映画のDVDをこうして、取り寄せて、じっくり味わえるのはいいなぁ。Thu Sep 29 05:23:23 via Twitter for iPhone高田みかこ
mikako_takata