カテゴリー別アーカイブ: 【た】

【東京奇譚集】

外出時に単行本を鞄に入れるのは躊躇われ、読みかけのまま置き去りにしている文庫本を持って出たのに本屋に立ち寄り、初めて村上春樹の本を買った。新潮文庫『東京奇譚集』。一話目の「偶然の旅人」を読んでる間、周りの喧騒が遠退いていた事に気付いた。ふと目に止まった偶然に感謝。 #感想部
@honyasangasuki
そうだ、本屋さんへ行こう!

東京奇譚集 (新潮文庫)

【地球の洞察】

ベアード・キャリコット『地球の洞察』途中まで読了。「グローバル」がそうでありように、「エコ」の概念も文化圏によってかなり違う。ビジネス戦略かなにかで「エコ」的な議論をする際は必ず読みましょう。マーケティングの助けになると思う。 #感想部

地球の洞察――多文化時代の環境哲学 〈エコロジーの思想〉

【小さいおうち】

中島京子『小さいおうち』読了。昭和初期、坂の上に建つ赤い三角屋根の洋館。時節柄のやりくりが上手なタキちゃんと、美しく無邪気な時子奥様との蜜月のような日々。迫り来る戦争の影を感じさせない東京モダンな日常を、タキは「心覚えの記」に綴るのだが…。…続く #感想部
@honyasangasuki
そうだ、本屋さんへ行こう!
続き…タキの記憶の中にある時子奥様との日々は、宝石箱に大切にしまわれたジュエリーのごとく輝いているが、その輝きは、タキの甥の次男健史を苛立たせる。その当時を歴史的に見た悲惨さと、その中で守られていたイノセンスな空間との対比。そして最終章が残す余韻。最高の一冊です。 #感想部
@honyasangasuki
そうだ、本屋さんへ行こう!

小さいおうち

【天体による永遠】

【天体による永遠】読了。 マルクスに影響を与えた革命家ブランキの宇宙論。革命論、社会主義論は書かれておらず、当時の科学的見地を基に書かれた宇宙論である。カントの宇宙論ニーチェの永劫回帰にも言及し、人生の半分を牢獄で過ごした強靭な彼の想像力で磨き上げた読み応えがある本だ。 #感想部
@magazineroom
ゆりいか

天体による永遠 (岩波文庫)

【ちょんまげ、ちょうだい】

高橋由太「ちょんまげ、ちょうだい」読了。貧乏長屋に住む凄腕剣術使いの浪人と、その一族に仕える半妖の狸娘のお話。ほんわかしたお話かと思いきや、太平の世に生きる武士たちの苦労そして人間模様もくっきりと出ていた作品。江戸ものがお好きな方には本当にお勧め。是非続編も読んでみたい。#感想部
@oonogishun
大禾 瞬

ちょんまげ、ちょうだい ぽんぽこ もののけ江戸語り (角川文庫)

【つむじダブル】

【つむじダブル/小路幸也,宮下奈都】 小路さんの描く男子と 宮下さんの描く女の子。兄と 妹の、それぞれ独立した人生の、独立した作品でありながら。一つの「家族」としての人生の、一つの作品になる。 話はもちろん 試みとしても面白いですなぁ #感想部
@read_or_read
貴澄有弘

つむじダブル (一般書)

【第2図書係補佐】

「第2図書係補佐」読了。魅力ある人が良さを共有したいって本を読まずに死ねるかってことで、手当たり次第読んでみることにする。ただ2006年くらいはブレーク前だから、今これを読むと少し違和感がある。今の又吉さんは腹が減っても困らないだろうから。 #感想部

第2図書係補佐 (幻冬舎よしもと文庫)

【動物のぞき】

『動物のぞき』読了。動物園探訪記を中心とする幸田文の動物見聞録。自らが持つ動物に対する愛情が、身勝手なものに過ぎないのではないかという不安、愛でることは“酷い”と表裏の関係であるという自覚。これらを最初に明らかにしている点にまず好感が持てる。 #感想部
@Ageco1213
あげこ
数多くある幸田文の随筆の中でも、一、二を争うほど私は好き。動物たちに悲哀を感じつつも、それを批判的には書かない甘さ。動物園、飼育員、類人猿、象、熊、犀、等々。作者は全てに優しく、こっちまでおだやかな気持ちになります。一箇所あえて語調をかえてる辺りもお茶目でいい! #感想部
@Ageco1213
あげこ

動物のぞき (新潮文庫)

【鶏のプラム煮】

「鶏のプラム煮」(マルジャン・サトラピ)読了。人生の一断面を鮮やかに切り取るペン󾔶の凄さよ。それは重層的なマーブル模様。8日間という短い時間だが、深く潜った感…そしてうっすら涙と共に浮かぶ。これは映画を見に行かねば。 #感想部

鶏のプラム煮 (ShoPro Books)

【東京タワー】

江國香織「東京タワー」読了。同じように年上の人妻女性を相手にしているとは言え、対照的な二人の大学生の話。耕二はいつかそこから出られるんだろうか。透もずっと詩史と一緒に居られる訳ないだろうに。「人を好きになる」って根本的にはどういう事なんだろうかと考えながら読んでいた。 #感想部
@oonogishun
大禾 瞬

東京タワー