カテゴリー別アーカイブ: 【読書・鑑賞感想部】

【八日目の蝉】

映画「八日目の蝉」鑑賞。実母には気の毒だけどどうしようもない犯罪者でも永作博美演じる希和子を憎めない。最後に恵理菜はきちんと人を愛せるような考えを持てた事が良かった。涙が止まらなかったです。 #感想部

八日目の蝉 通常版 [DVD]

【キミニ恋シナイ】

ちょっとえっちで切ないルール違反の恋愛コミック。 #感想部 http://t.co/8IqjdLa6B3
@hamu176
山口

キミニ恋シナイ―天堂きりん短編集 (マッグガーデンコミックス EDENシリーズ)

【よしながふみ対談集】

よしながふみ対談集一度スルーしたが「特別収録、堺雅人との対談」の文字を見、購入した。「全くモテない」という相談をしていたにも関わらず!菅野美穂に「堺さんは草食男子ではなく植物」と言われていたのにも関わらず!!大奥の演技についても聞けて面白かった #感想部
@MmkMmts
くりりん

よしながふみ対談集 あのひととここだけのおしゃべり (白泉社文庫 よ 4-9)

【家事をデザインする】

佐藤順子「家事をデザインする」了。中学生のころ、ラジオの帯番組で「家事の知恵」みたいのがあってだいすきだった。この本はちょうどその頃、今から見ると一世代前なんだけど、今でも通用するし、そもそも読んでて楽しい。共働きの奥さん向けなのは、当時としては新しかったんだと思う。 #感想部
@mami_hon
まみ

家事をデザインする―主婦の歳時記

【天使はモップを持って】

『天使はモップを持って』読了。社会人1年目の大介を語りにして、掃除のスタッフには決して見えないおしゃれな女の子のキリコが会社で起こる数々の謎を解いてゆく。なによりキリコさんが「クールで知的」な上に1人の女の子として魅力的でかっこいい。 #感想部
@ReggianeFalco
ゆきやま
しかしそれだけではなく、人の心の小さな闇を見せられるようなストーリーにどきりとしたり、泣きたくなったり。それでも後味が悪いわけではなく、不思議とスッキリとするような…。「ロッカールームのひよこ」がなんだかとても心に残った。 #感想部
@ReggianeFalco
ゆきやま

天使はモップを持って (文春文庫)

【三日月とオレンジ】

恋をしたい人はいませんか?そんな人は『三日月とオレンジ』(ふじつか雪/花とゆめコミックス)をぜひ!ただ1人を、たった1人を見つめていたあの頃を思い出す。やばいくらいにドキドキする、現在進行形の少女マンガ! #感想部

三日月とオレンジ 1 (花とゆめCOMICS)

【にじんだ星をかぞえて】

『にじんだ星をかぞえて』(上原隆/朝日新聞出版)、読了。歓びよりは、むしろ哀しみに近くて。今も街のどこかにいるような人々を、乾いた文体で紙の上に切り取ったノンフィクション。作中に流れる空気は、どこか乾いて凛としている。 #感想部

にじんだ星をかぞえて (朝日文庫)

【女】

津村節子『女』読了。女同士の間に渦巻く醜い悪意。芽生える同性への敵対心。何れも根幹にあるのは妬み嫉みといったどす黒い感情の数々。女が纏う毒気の強さが際立つ短編集。特に「姉妹」の結末が胸にわだかまりを残す。姉の幸せを平然と奪う妹。善悪を通り越したそのしたたかさが恐ろしい。 #感想部
@Ageco1213
あ げ こ

女 (集英社文庫)

【面白い本】

#感想部 「面白い本」(成毛 眞)ノンフィクションを中心に100冊を紹介。すべて著者が読み込んだ上で紹介しているので、ブックガイドとしてこの本そのものが面白い。紹介されている本を読んでみたくなる
@TSA1963
Sawano Takaaki

面白い本 (岩波新書)

【魔法使いハウルと火の悪魔】

魔法使いハウルと火の悪魔を読了しました。今まで、「ラブストーリーは趣味じゃないしなー」と敬遠してましたが、いやいや、なかなか面白かったです。ハウルの軽さが魅力的で、ソフィーの悲観的な部分も共感でき、容易に感情移入できました。どんでん返しもって、ストーリーも楽しめました。 #感想部
@miyabi_2222
みーこ
ジブリ作品の「ハウルの動く城」を先に見ていましたが、原作の方が数倍魅力的。映画のイメージを払拭させるだけのパワーのある作品でした。 #感想部
@miyabi_2222
みーこ

魔法使いハウルと火の悪魔―ハウルの動く城〈1〉